農薬と農業資材の通販 農家のお店おてんとさん公式オンラインショップ

menu
農薬
殺虫剤
殺菌剤
殺虫殺菌剤
除草剤
植物調整剤
水稲殺虫剤
水稲殺菌剤
水稲殺虫殺菌剤
水稲除草剤
水稲植物調整剤
展着剤
家庭用園芸農薬
その他農薬
非農耕地用除草剤
機械
刈払機
チェンソー
噴霧器・散布機
ポンプ
耕うん機
エンジン機械
電動工具
洗浄機
トリマー
餅つき機
その他機械
点火プラグ
もみすりクッションロール
替え刃
Vベルト
メンテナンス
資材
防草シート
防虫ネット
防風ネット
遮光ネット
農業用不織布
黒マルチ
ブルーシート
アニマルネット
育苗用シルバーポリトウ
牧草ネット
ピン
ポリポット・トレー
ホース
タンク・容器
トンネル資材
計測機器
動物忌避用品
水稲関連資材
土木資材
竹・わら用品
その他資材
ハウス資材
農POフィルム
農ビ
ハウス部品
温床・保温用品
ハウス内貼りカーテン
ポリダクト
UVシート
土農具・工具
鉈・鋸
鎌・除草用品
スコップ
くわ
はさみ
運搬機
リヤカー
一輪車
一ハウスカー
包装資材
防曇袋
米袋
野菜袋
果樹袋
ポリ袋
ビニール袋
ネット類
パック
はかり
シーラー
結束機
封函
DIY日用品
長靴
手袋
作業着
雨具
保護具
接着剤・補修剤
ひも・ロープ・テープ
燃料
園芸ガーデニング
園芸用椅子
プランター
ネット
菊栽培
園芸資材
肥料・用土
肥料・培土
有機肥料
化成肥料
単肥料
液肥
培土
牧草種
野菜種
花種
ばれいしょ
きのこ
畜産・家畜
サイレージフィルム
ベールネット
固形塩
家畜飼料
玄米保冷庫
三菱
国内メーカー
精米・玄米
精米ひとめぼれ
精米つや姫
精米ブレンド米
玄米ひとめぼれ
ブロマシル粒剤
ステンレス自在鍬
プラグトレー
園芸イス

商品カテゴリ一覧 > 農薬 > 畑地殺菌剤

フロンサイド粉剤 20kg

フロンサイド粉剤 20kg

販売価格4,450円(消費税込:4,806円)

[45ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

広範囲の病害に効果を発揮し、残効性にも優れた土壌殺菌剤!!


フロンサイド粉剤の特長

広範の病害にすぐれた効果
 あぶらな科作物の根こぶ病、ばれいしょのそうか病、粉状そうか病、ねぎの白絹病、レタス の
 ビッグベイン病等の広範の病害に有効な土壌殺菌剤です。

菌密度低下効果
 根こぶ病に対しては、殺菌作用により徐々に菌密度を低下させます。

低濃度で安定した効果
 有効成分が0.5%と低く、10アール当り投下有効成分量が0.15 〜 0.2kg(全面土壌 混和の場合)
 と少量で効果を示します。

すぐれた残効性
 壌処理後、長期間にわたり根こぶ病による被害を抑えます。

根こぶ病防除では、石灰類との併用で、より防除効果が高まります。

土壌中で適度に分解するため、水稲、野菜等の後作物にはほとんど影響がありません。

蒸気圧が低く、空気中への揮散はほとんどありません。

商品名 フロンサイド粉剤
分類 殺菌剤
有効成分 フルアジナム・・・0.50%
毒性 普通物
内容量 20kg
※製品のラベルをよくお読みいただいて、適切な方法でご使用ください。

■適用作物名・病害虫名■
キャベツ: 根こぶ病, 苗立枯病(リゾクトニア菌), 菌核病
はくさい: 根こぶ病, 黄化病
だいこん: 亀裂褐変症(リゾクトニア菌)
メキャベツ、かぶ: 根こぶ病
カリフラワー、ブロッコリー、なばな: 根こぶ病
なばな類 (なばな、みずかけなを除く) : 根こぶ病
非結球あぶらな科葉菜類 (ケール、こまつな、みずな、みぶな、のざわなを除く) : 根こぶ病
こまつな: 根こぶ病, 立枯病(リゾクトニア菌)
みずな、みぶな: 根こぶ病
のざわな: 根こぶ病
レタス、非結球レタス: すそ枯病, ビッグベイン病
ねぎ: 白絹病、小菌核腐敗病
らっかせい: 白絹病
ばれいしょ: そうか病, 粉状そうか病
てんさい: 叢根病
みずかけな: 根こぶ病
にら: 白絹病
チューリップ: 葉腐病, 条斑病、微斑モザイク病
ゆり: 茎腐症(リゾープス菌による)

キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー等の根こぶ病の発生が激しい圃場では
「ランマンフロアブル」との体系処理が有効です。

◇使用上の注意◇

1. 砕土及び土壌混和は丁寧に行って下さい。
  降雨直後等の湿潤な土壌では、混和が不十分となりますので、使用を避けます。
2. 処理薬量を守って下さい。基準量を越える薬量の処理や植穴処理は薬害が生じますので絶対に避けます。
3. 混和深度は10〜15cmが適当です。
4. 定植、播種は薬剤処理後できるだけ早く行って下さい。
  薬剤処理後7日以内をめどに定植又は播種を行って下さい。
5. 耕種的防除との組合わせなどにより、より確実な効果が得られます。
6. 株元散布は、土寄せ直前に行って下さい。
7. 他作物への飛散には十分注意します。