農薬と農業資材の通販 農家のお店おてんとさん公式オンラインショップ

menu
農薬
殺虫剤
殺菌剤
殺虫殺菌剤
除草剤
植物調整剤
水稲殺虫剤
水稲殺菌剤
水稲殺虫殺菌剤
水稲除草剤
水稲植物調整剤
展着剤
家庭用園芸農薬
その他農薬
非農耕地用除草剤
資材
防草シート
防虫ネット
防風ネット
遮光ネット
農業用不織布
黒マルチ
ブルーシート
アニマルネット
育苗用シルバーポリトウ
牧草ネット
ピン
ポリポット・トレー
ホース
タンク・容器
トンネル資材
計測機器
動物忌避用品
水稲関連資材
土木資材
竹・わら用品
その他資材
ハウス資材
農POフィルム
農ビ
ハウス部品
温床・保温用品
ハウス内貼りカーテン
ポリダクト
UVシート
機械
刈払機
チェンソー
噴霧器・散布機
ポンプ
耕うん機
エンジン機械
電動工具
洗浄機
トリマー
餅つき機
その他機械
点火プラグ
もみすりクッションロール
替え刃
Vベルト
メンテナンス
土農具・工具
鉈・鋸
鎌・除草用品
スコップ
くわ
はさみ
運搬機
リヤカー
一輪車
ハウスカー
包装資材
防曇袋
米袋
野菜袋
果樹袋
ポリ袋
ビニール袋
ネット類
パック
はかり
シーラー
結束機
封函
DIY日用品
長靴
手袋
作業着
雨具
保護具
接着剤・補修剤
ひも・ロープ・テープ
燃料
園芸ガーデニング
園芸用椅子
プランター
ネット
菊栽培
園芸資材
肥料・用土
肥料・培土
有機肥料
化成肥料
単肥料
液肥
培土
牧草種
野菜種
花種
ばれいしょ
きのこ
畜産・家畜
サイレージフィルム
ベールネット
固形塩
家畜飼料
玄米保冷庫
三菱
国内メーカー
精米・玄米
精米ひとめぼれ
精米つや姫
精米ブレンド米
玄米ひとめぼれ
アウトレット(訳あり)商品
農薬
資材
ブロマシル粒剤
ステンレス自在鍬
プラグトレー
園芸イス

商品カテゴリ一覧 > 農薬 > 水稲除草剤

トドメMF1キロ粒剤 1kg

【水稲中後期除草剤】
トドメMF1キロ粒剤 1kg

販売価格1,580円(消費税込:1,738円)

[16ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

高葉齢のノビエに卓効を示すメタミホップを配合する水稲用後期除草剤

・高葉齢のノビエに高い効果を示します。
・2週間程度の土壌処理効果(残効性)を示します。
・除草効果の発現が早く、枯れ上がりに優れます。
・水稲に対し高い安全性があります。

商品情報
製品名 トドメMF1キロ粒剤
分類 水稲除草剤
有効成分 メタミホップ1.35%
毒性 普通物
内容量 1kg
メーカー 科研製薬株式会社
注意 ご使用の前に製品のラベルをよくお読みいただき、適切な方法でご使用ください。
リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。
予めご了承ください。
関連製品 トドメMF乳剤 200ml
トドメMF1キロ粒剤 1kg

適用と使用法

作物名 適用雑草名 使用時期 10アール当り使用量 本剤の使用回数 使用方法 メタミホップを含む農薬の総使用回数
移植水稲 ノビエ 移植後14日〜ノビエ5葉期まで
ただし、収穫50日前まで
1kg 3回以内 湛水散布
又は
無人航空機による散布
3回以内
(乳剤は2回以内)
直播水稲 稲3.5葉期〜ノビエ4葉期まで
ただし、収穫50日前まで

効果・薬害の注意

・本剤はノビエの5葉期まで(ただし、直播水稲は4葉期まで)有効なので、時期を失しないように散布する。
・広葉雑草には効果がないので、広葉雑草が混在する圃場ではそれらに有効な剤と組み合わせて使用する。
・苗の植え付けが均一になるように、整地、代かきはていねいに行い、ワラくずなどの浮遊物はできるだけ取り除く。また、未熟有機物を施用した場合は、特にていねいに行う。
・散布に当たっては、水の出入りを止めて湛水状態のまま本剤を田面に均一に散布し、散布後少なくとも3〜4日間は通常の湛水状態(水深3〜5cm程度)を保ち、田面を露出させたり、水を切らしたりしないように注意し、また、散布後7日間は落水、かけ流しはしない。
・直播水稲に使用する場合は、薬害をさけるため稲の3.5葉期以降に使用する。
・本剤を無人航空機による散布に使用する場合は、次の注意を守る。
  1)散布は使用機種の使用基準に従って実施する。
  2)散布に当たっては散布機種に適合した散布装置を使用する。
  3)事前に薬剤の物理性に合わせて散布装置のメタリング開度を調整 する。
  4)散布薬剤の飛散によって他の作物に影響を与えないよう散布区域の選定に注意し、散布装置のインペラの回転数を調整し、ほ場の端から5m以上離れた位置からほ場内に散布する。
  5)水源池、飲料用水等に本剤が飛散、流入しないように十分注意する。
・以下の水田では初期生育の抑制を生じるおそれがあるので使用をさける。
  1)散布は使用機種の使用基準に従って実施する。
  2)軟弱徒長苗を移植した水田
  3)極端な浅植や深植をした水田
・藻類又は表層剥離の発生しやすい水田では、有効な剤と組み合わせて使用する。
・本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合や異常気象時は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。また、散布後7日間は落水、かけ流しはしない。